アポクリン汗腺 除去 手術

アポクリン汗腺を除去する手術について

 

ワキガの原因はアポクリン汗腺という組織だと言われていますが、ワキガの手術ではこのアポクリン汗腺を除去するという方法になるようです。

 

今回はアポクリン汗腺を除去する手術はどのような方法となるのか、やり方や問題点などを調べてみました。

 

まずはワキガの原因とされるアポクリン汗腺についておさらいしていきましょう。

 

アポクリン汗腺とは?

 

アポクリン汗腺は汗を分泌する働きをしていますが、ワキ、外耳道(耳の中)、陰部、肛門等の限られた部分だけに存在しています。

 

アポクリン汗腺以外にはエクリン汗腺という汗腺があり、こちらは全身に存在しています。

 

この2つの汗腺ですが、エクリン汗腺から分泌される汗は99%が水分で残りの1%に尿素、塩分、アンモニアが含まれほとんど臭いがないのに対し、アポクリン汗腺から分泌される汗は白っぽく粘りがあり、たんぱく質、脂質、糖質、アンモニア等が含まれるのが特徴です。

 

ワキガの臭いはアポクリン汗腺から分泌された汗に含まれた成分が分解されることによって生じるのです。

 

アポクリン汗腺は誰にでもあり、皮膚の裏側に粒状に並んでいます。一般に臭いの強い人はこの粒が大きく、数も多いと言われています。

 

ワキガの手術は臭いを発生する原因となるアポクリン汗腺を除去することで臭いが発生しないようにしてしまうというものです。

 

アポクリン汗腺を除去する手術とはどんな手術方法なの?

 

アポクリン汗腺を取り除くためにはワキを切開して手術を行う必要があります。

 

最も確実性が高く、効果的にアポクリン汗腺を除去できると言われているのが剪除法と言われる手術方法です。

 

剪除法はワキの筋に沿って皮膚を切開し、皮膚を裏返した状態でアポクリン汗腺を目視で確認しながら医師が除去を行うという手術です。

 

剪除法のメリットは以下のようなものが挙げられます。

 

剪除法のメリット1 医師が目視で確認するので確実性が高い

剪除法のメリット2 保険適用となるので手術費用が比較的安い

 

アポクリン汗腺を除去する手術のデメリットとは

 

アポクリン汗腺を除去する手術、剪除法がどのような手術なのかについて、メリットも含めて理解することができました。それでは、剪除法のデメリットはあるのでしょうか?

 

剪除法のデメリットは下記のようなものが考えられます。

 

剪除法のデメリット1 切開範囲より広範囲にアポクリン汗腺が分布している場合等取り残しが出る可能性がある

 

剪除法はアポクリン汗腺を目視で確認しながら取り除いていくので確実性が高いのですが、重度のワキガの場合、切開した範囲よりも広い範囲にアポクリン汗腺が存在している場合等があり、取り残しが出てしまうことが考えられます。

 

また、剪除法の手術は医師の技術に左右されますので、医師が取り残しをしてしまうということも可能性としてゼロではありません。

 

剪除法のデメリット2 アポクリン汗腺が再生してワキガが再発する

 

アポクリン汗腺は再生能力を持った組織です。剪除法によって100%除去できていれば再生することもなくワキガは解消するはずですが、もしアポクリン汗腺を取り残した場合はそこから再生してワキガが再発する可能性があります。

 

剪除法のデメリット3 傷跡が残る

 

剪除法はワキを3〜5cm程度切開し、皮膚を裏返して手術を行います。
その為、どうしても傷後が残ってしまうことが多いのです。

 

通常、半年から1年の間に傷跡は少しずつ薄くなっていきますがこれには個人差があり、傷が残りやすい体質の人等は傷後が盛り上がってケロイド状になったり、色素が沈着したりという事例もあります。

 

剪除法のデメリット4 別の箇所のアポクリン汗腺が活性化し、臭いが出る

 

アポクリン汗腺はワキの下以外にも陰部や肛門、耳の中など幾つかの場所に存在していますが、ワキのアポクリン汗腺を剪除法で除去した結果、ワキ以外のアポクリン汗腺が活発に働くようになってワキガと同じような臭いを発生させる、という話もあります。

 

これには医学的な根拠がないとも言われていますが、ワキガの手術後にも臭いがしてしまう術後臭という問題が起こる可能性があります。

 

アポクリン汗腺を完全に除去すれば理論上ワキガは治るが

 

ワキガとアポクリン汗腺の関係やアポクリン汗腺を取り除く手術・剪除法について見てきましたが、いかがでしょうか?

 

ワキガの原因となるアポクリン汗腺を手術によって完全に除去することができれば、ワキガが解消されるということが分かりました。

 

しかし最も確実にアポクリン汗腺を除去できる手術方法とされる剪除法も医師が行う作業である以上、取り残しをしてしまう可能性はゼロではありません。

 

ワキガの手術を検討している方は剪除法のメリット、デメリットをしっかり把握した上で医師に相談し、カウンセリング等を通して自分の症状に最も適した方法で治療を行うことが重要です。

手術をしないでどうわきが対策をするのか?

やはりここが重要なポイントになりますね。

↓↓ノアンデの公式サイトはこちら↓↓↓