ワキガ 手術跡や術後臭

ワキガの手術跡ってどれくらい残る?

 

ワキガの手術にはいくつか種類がありますが、最も一般的な手術の一つにワキを切開して行う手術があります。

 

通常、ワキの筋に沿って5cm前後切開するのですが、手術後が残る場合があります。それでは、どの位の手術跡が残るのでしょうか?

 

手術跡が残ることを考えてワキガの手術を躊躇している人のために調べてみました。

 

皮膚を切開する剪除法の場合、手術痕がある程度残ることが多い

 

ワキガの原因とされるアポクリン腺を物理的に取り除く剪除法という手術を行う場合、ワキを切開することになります。

 

この切開した部分は手術直後は手術痕となりますが、数ヶ月〜1年位の間に少しずつ薄くなっていきますが、個人差が大きいのです。

 

傷が身体についた際に跡になりやすいというタイプの人がいますが、そのような人の場合は切開した手術痕が残りやすかったり、盛り上がってケロイド状になったりする事例もあります。

 

ワキガの術後臭って何?必ず出るの?

 

ワキガの手術後に発生する問題として手術痕の話題に触れましたが、もう一つ、術後臭と呼ばれる問題があります。

 

術後臭は読んで字のごとく、ワキガ手術をしたにも関わらず、臭いが残っているという状態を指しています。

 

では、術後臭が起きる原因として考えられることを下記に挙げてみました。

 

術後臭の原因@アポクリン腺の除去が不十分

 

剪除法等のワキガの手術はアポクリン腺を取り除く形で行われますが、アポクリン腺の除去が不十分だった場合、術後臭がする可能性が考えられます。

 

アポクリン腺は再生能力があるため、少しでも残してしまうとそれが術後臭の原因となってしまうことがあるのです。

 

術後臭の原因Aワキガではなく汗の臭い

 

ワキガ手術によってアポクリン腺を完全に取り除いた場合は物理的にワキガ臭がすることはありません。それでも術後臭がする、という場合は実はワキガの臭いと思っていたものが汗や皮脂の臭いだった、ということが考えられます。

 

ワキにはアポクリン腺の他に汗を分泌するエクリン腺や皮脂腺があります。ワキガしゅうの主な原因はアポクリン腺と言われていますが、ワキガ臭とはアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺から分泌された汗のミックスされた臭いなのです。

 

そのため、アポクリン腺が無くなったとしてもワキガだと思っていた臭いが実はエクリン腺から分泌される汗の臭いだった場合は問題は解決されず、術後臭として認識されることがあるわけです。

 

術後臭の原因Bワキガを意識しすぎることによる嗅覚と発汗

 

ワキガで悩んでいる人が元々自分が臭いのではないか、と過敏になっていることがあると思いますが、ワキガ手術を受けてワキガが解消したとしてもやはり本当に臭いが解消しているのか、気になってしまうということがあります。

 

その結果、今度は別の所の臭いを感じてしまい、それが術後臭として認識されるということが考えられます。

 

また、手術後のワキを強く意識することがストレスとなり、精神性発汗を促すことがあります。精神的発汗はストレスを感じたりした場合に起こる現象で、再吸収されにくく、臭くなりやすいと言われています。

 

ワキガの手術跡を残さないためには

 

ワキガ手術後にあり得る問題として手術跡と術後臭について原因を見てきましたが、それぞれの対策についても調べてみましたので、見ていきましょう。

 

まず、手術跡ですが、切開する手術では程度の差はあるものの手術跡はどうしても残ってしまうものとして考えてください。もしどうしても手術跡が残るのが嫌な場合、切らないワキガ手術を検討することになります。

 

切らないワキガ手術にも幾つか方式がありますが、共通して言えるメリット、デメリットは下記の通りです。

 

メリット1 ワキを切開しないため傷跡が残らない

メリット2 手術後の生活制限がほとんど必要ない

 

デメリット 保険適用外となるため費用が割り高

 

アポクリン腺を物理的に除去するということではワキを切開して医師が目視で確認しながら除去を行う剪除法が最も確実ですが、その他の切開しないワキガ手術については各クリニックにしっかり説明を受けてどのようにしてワキガが解消できるのかを理解する必要がありますね。

 

ワキガの術後臭が出なくなる方法は?

 

ワキガの術後臭の対策ですが、まず術後臭の原因を特定する必要があります。

 

対策1 アポクリン腺の取り残しの場合、再度手術をする
対策2 元々の体臭、汗の臭いが原因の場合、デオドラント製品等を利用する
対策3 精神性発汗の場合はワキガに関して必要以上に意識しないようにする

 

アポクリン腺を切除したことによって身体の別の場所にあるアポクリン腺の活動が活発になってそこから臭いが出る、という意見もありますが、医学的な根拠はないそうです。

 

ワキガ手術を受ける前にしっかりと医師と相談することが大事!

 

今回はワキガ手術後に考えられる問題について調べてみましたが、手術跡、術後臭いずれの場合も医師にしっかりと相談することで回避できます。

 

まず、自分が気にしている臭いがワキガなのか、汗等の臭いなのかを知ることが重要ですし、ワキガの場合には手術跡をある程度許容する前提で切開する手術にするべきなのか、その他の手法にするべきなのか、カウンセリング等を通して納得した上で自分に最適な手法でワキガを治しましょう。

↓↓ノアンデの公式サイトはこちら↓↓↓