ワキガ 手術

ワキガの手術について知っておこう

 

ワキガの悩みって根が深いですし、実際に多くの人が辛い思いをしています。

 

なかなかデリケートで他の人にも話せませんしね。
でもその分、ちゃんと治したいと言う人は多いようです。

 

ワキガ専用のデオドラントクリームなんかを使う人は多いようです。
ただ、100%ワキガの対策をしようと思うのであれば、やはりワキガの手術をしないといけません。

 

どんなデオドラントクリームを使っても言える事です。

 

しかし、手術となるとどうしても身構えてしまいますよね?
手術の方法もそうですし、手術費用なんかもあまり知られていません。

 

ですので、今回はワキガの手術について深くお話しできればと思います。

 

ワキガの手術ってどうやって受けるの?

 

ワキガの手術はそもそもどんな処理をするんでしょうか?

 

ワキガの原因になっているのはアポクリン汗腺が中心の汗腺です。
この汗腺を取り除く手術がよくあるワキガの手術と言えます。

 

ただ、ワキガの症状は人それぞれな部分があります。

 

軽いワキガの症状の人も居れば、かなり重症な人も居ます。
ワキガの程度で、手術の方法も治療方法も変わると思っておいてください。

 

ワキガの症状に悩んでいる人と言えば、まずは病院に行きます。
この際、最初に行くのは皮膚科でOKです。

 

ワキガの手術って言うと、最近では皮膚科だけではありません。
美容外科や形成外科でも手術を行っています。

 

ただ、最初に皮膚科に行くのには意味があります。

 

そもそもあなたがわきがなのか?またワキガの症状の程度はどの程度なのか?
手術は必要なのか?と言った診断を受けてから、その後の治療を決める必要があるからです。

 

軽い症状の場合は塗り薬を処方されて様子をみることもあります。

 

それでもワキガが改善されない場合、また症状が重い場合は、別の治療や手術を行うんですね。

 

その時は、皮膚科だけでなく、美容外科や形成外科などいろんな選択肢が出てきます。

 

ワキガ治療の出来る病院やクリニックはかなり数も多いです。
どのクリニックが評判がいいのか?ネットなどで検索して調べておくのがいいでしょうね。

 

そこで診察を受けたりカウンセリングを受けたりします。
その後ワキガの手術へと流れていくんです。

 

術後のこともありますし、アフターケアの受けられる病院がいいでしょう。
距離的にも自宅から出来るだけ近い方がいいかもしれませんね。

 

ワキガの手術の種類について

 

ワキガの手術方法は最近では様々な方法がありますが、
大きく分けると「直視下手術法」と「非直視下手術法」の2種類に分けられています。

 

直視下手術法というのは直接目で見て確認しながら汗腺を除去する手術方法です。
非直視下手術法というのは汗腺を目で直接見ることなく除去していく手術方法です。

 

基本的にはこの2つの方法を中心にワキガの手術は行われます。

 

皮べん法(剪除法・反転除法・直視下摘除法)について

 

皮べん法はワキガの直視下手術法で、基本的に再発のリスクが少な目になる手術です。

 

何故かと言うと、アポクリン汗腺を除去する際に実際に目で見て取り除くからですね。
やっぱり直接目で見るのとそうでないのでは、大分確率が変わってくるんです。

 

皮べん法の手術方法は脇の下を3センチから5センチ程切開して皮膚を裏返してアポクリン腺を除去していきます。

 

多分、一番多くの病院でワキガの手術として行われている方法ですね。
ただ、切開しますので、どうしてもワキガ手術の跡が残りますし、術後の体の負担も大きい施術と言えます。

 

クラドラカット法

 

クラドラカット法は脇の下を4ミリから5ミリ切開した部分から刃のついた器具を入れて汗腺を除去していく手術です。

 

これは実際に目で見てアポクリン汗腺を取り除く方法ではありません。
ですので、非直視下手術法に当てはまります。

 

皮べん法と比べると、切開もかなり小さいので、ダウンタイムも少ないという特徴があります。

 

ただ、その分、どうしてもアポクリン汗腺の取り残しという問題が出てきます。
かなり施術者によって結果が左右される術式と言えますね。

 

超音波

 

超音波によるワキガの手術は、超音波吸引法というものがあります。

 

超音波吸引法は脇の下を1センチ程切開して、管を挿入して超音波を照射してアポクリン腺を破壊します。
そして破壊したアポクリン腺を吸引します。

 

超音波を使う事でアポクリン汗腺を破壊しますので、術後もかなりダメージが少ないです。
手術跡もほとんど残らないので、そういった点で支持されています。

 

ただ、どうしてもアポクリン汗腺をすべて破壊するのは難しいものです。
取り残しという問題が付きまとう方法になります。

 

ワキガ手術のメリットとデメリットについて

 

ワキガの症状が深刻な人は、やはり手術でなんとか改善したいと思うと思います。
たしかに、そう思うのも間違いではないです。

 

ワキガの手術をすることで、アポクリン汗腺を減らすことが出来れば少なくともワキガの症状は軽減するはずですから。

 

でも、ワキガ手術の難しい所は、手術が100%では無い事です。
ワキガの症状が絶対に改善するとは言えないんですね。

 

それに手術を受けても、また再発してしまう可能性は結構高いんです。

 

後は、ワキガの程度や症状によって、手術でも方法を選択する必要があるでしょう。
重度のワキガの人の場合であれば、直視下手術法を選ぶ必要があります。

 

やはりしっかりとアポクリン汗腺を取り除かないと、臭いが残ってしまうからです。
逆に非直視下手術法のワキガ手術を受けても、あまり効果が無いかもしれません。

 

じゃあ、皮べん法であれば大丈夫か?

 

それもアポクリン汗腺がきちんと取り除かれていないと、ワキガの症状が軽減されていてもまた再発してしまうでしょう。

 

ワキガの手術はワキガと診断され手術が必要と判断されれば手術方法によって保険が適用される場合があります。
ただ、最新の施術方法の場合は、保健が適用されず自由診療となることが多いです。

 

クラドラカット法や超音波などの手術はかなり高額な費用になってしまいます。

 

手術なので体への負担ももちろんかかります。

 

ワキガの手術はちゃんとしたメリットも多くありますが、どうしても再発、費用、体の負担と言った
デメリットも強くあるっていうことを知っておいてください。

 

さらに、できれば手術は近隣で受けることをお勧めします。

 

アフターケアが必要な場合、また遠くまで通うのは非常に大変。
何かあった場合でも、すぐに通える距離も重要だと思います。

 

最近では、ワキガ専用の効果の高いデオドラントクリームなども存在しているので、
ワキガの手術を希望する場合は後悔しないようにじっくりと考えてから決断していきましょう。

↓↓ノアンデの公式サイトはこちら↓↓↓